韓国食べ歩きブログ2 夜中から朝から昼から夜まで食べてばかりの食べ歩き!! さて今日は何を食べるかな?!


by poso_siroyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
食べ歩き
韓国食
韓国
ソウル
地方
市場
買い物
お酒
移動
韓流
韓国茶
ロケ地
呑み
韓友
友人
韓流ドラマ
世界遺産
名所
スイーツ
空港
機内
閑話休題
訪問
豚肉
鶏肉
麺類

鍋類
観光
焼肉
韓国情報
市場
お祭り
現地投稿
韓牛
仏閣
鍋物
湯物
カフェ
未分類

最新の記事

特別編 「デパ地下で食べる本..
at 2017-11-03 20:44
特別編 「デパ地下で食べる本..
at 2017-10-31 23:37
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-24 23:46
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-18 21:57
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-15 11:42
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-14 00:52
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-12 20:17
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-08 21:13
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-10-03 23:49
2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-09-29 22:07

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

タグ

(166)
(136)
(131)
(87)
(49)
(42)
(15)
(14)
(10)
(9)
(9)
(9)
(8)
(6)
(5)
(5)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

記事ランキング

外部リンク

フォロー中のブログ

ぴきょログ~軽井沢でぐー...
韓の道膝栗毛
おいしい韓国食堂物語
THE 一人旅

ブログパーツ

PVアクセスランキング にほんブログ村

最新のトラックバック

リンク集
from 韓国コスメ大好き☆
ハン・ヘジン 最新情報 ..
from これ好き! KoreaFan

韓国食べ歩き

韓国料理を
食べて歩く
牛、豚、鶏,魚、野菜
だけでなく色々!!
おいしい物を求めて
東奔西走!!
晩から次の日の晩まで
食べてばかり

ファン

ライフログ

検索

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧

カテゴリ:韓国食( 29 )

特別編 「デパ地下で食べる本格的韓国料理」

特別編として今回は日本のデパートの地下にある本格的韓国料理を紹介しましょう。




横浜そごう



の地下2Fの




韓国総菜

純’S コッチン


韓国家庭料理です。総菜販売のお店なのですがイートインすることが出来ます。




b0199822_21384349.jpeg


b0199822_21385210.jpeg


横浜そごう地下2Fの飲食売り場、いわゆるデパ地下の一角にあります。各種総菜が販売されていてこの総菜も美味しそうなんですが、ここで食べられる韓国家庭料理がとても美味しいです。


b0199822_21390807.jpeg

b0199822_21403109.jpeg




b0199822_21404385.jpeg

b0199822_21405112.jpeg


ビビンパッ、プルコギ、冷麺、スンドゥブチゲ、などがメニューにあります。しかも日本で食べると高価でもある参鶏湯もあります。私のお勧めは定番石焼きビビンパッ,カルビチム,プルコギ,参鶏湯です。特に参鶏湯は本格的です。
今回はプルコギ定食とカルククスを食べます。


b0199822_21411633.jpeg


b0199822_21410632.jpeg

キムチに関してはおかわり自由!やさしいイモニム(이모님)店員の方々がお代わりを勧めてくれます。

b0199822_21410019.jpeg

b0199822_21411179.jpeg

b0199822_21405704.jpeg

プルコギは熱々でまさに家庭で食べている感じです。


           


この熱々をご飯にのせて食べます。お好みでコチュジャンを入れても良いでしょう。

b0199822_21413223.jpeg


b0199822_21414177.jpeg





b0199822_21415746.jpeg

b0199822_21420136.jpeg



味はあっさりしていてプルコギですから辛くはなく、どちらかというと甘めの味付けです。ご飯に良く合いまさにデパ地下の韓国です。


b0199822_21420583.jpeg


잘 먹었습니다


美味しくすべていただきました。
まだまだ紹介させていただきます。次回は参鶏湯を紹介します。
日本でも韓国料理を毎週食べている我々なのでした。




また再びよろしくお願いします。



ここもよろしくお願いします。



ここでも皆さんのご指示をお待ちしています。



食べ歩き


旅行・お出かけ




by poso_siroyo | 2017-10-31 23:37 | 韓国食 | Trackback | Comments(0)

2017夏韓国 食の旅 vol.30「2017夏版最終回」 

 冷麺とコッペギを食して満足した足でホテルへ帰り荷物を整理して金浦空港へ向かいます。金浦へはバス,地下鉄,タクシーの各種の行き方があるのですが今回はギリギリまでソウル市街にいたのでタクシーを使って移動します。

b0199822_23123461.jpg

b0199822_23124274.jpg


空港で買い物をして韓国に後ろ髪引かれながら機内に乗り込み羽田を目指します。
今回はラッキーにもマイレージがたまっていてビジネスクラスに乗ることができ、悠々自適な空の旅が出来ます。

b0199822_23124846.jpg

b0199822_23125418.jpg

そして泣く泣く韓国の地を離陸した後の最後の楽しみは機内食です。ビジネスクラスの機内食ですから楽しみです。韓食,洋食,和食と選べますがあえて洋食にしました。韓食に飽きたわけでなく、美味しい韓食を食べてきたのに機内食で失敗したくはなかったのであえて洋食にしてみました。
そして私の機内食のルーティーンワーク「ダイエットコーク」をオーダーしました。


b0199822_23130419.jpg

b0199822_23130943.jpg

b0199822_23132463.jpg


今回のメインは肉料理でサイコロステーキのようです。

しかし、とても大きくさいころと言うよりは、小型ルービックキューブステーキといった感じです。


b0199822_23133105.jpg

b0199822_23142925.jpg


b0199822_23142368.jpg


付け添えは野菜,海老などが中心です。

b0199822_23133760.jpg

b0199822_23141354.jpg

塩とタレの両方がありつけながら食べるようになっているお肉を一口食べてみます。

焼き方は・・・ウェルダン!機内食ですから仕方はないですが・・・


    질기다


日本語で訳すと(肉などが)硬い!!です。

筋はないのでかみ切れますが、あごのトレーニングのようです!!




b0199822_23144790.jpg



やっぱり韓国食にしなくて良かった、せっかく美味しいイメージで韓国が終われたのを機内食で失敗しなくて良かった!!とほっと胸をなで下ろし2017年の夏の食の旅を終える我々なのでした。





これにて2017年夏バージョンは終わります。次回からは残っている2016年バージョンの続きと今回日本で食べる韓国料理を書きたいと思います。





またがんばります。応援よろしくお願いします。




ここも全力でがんばります。応援して下さい。




韓国料理の良さは伝わってますか?




食べ歩き



旅行・お出かけ







by poso_siroyo | 2017-10-24 23:46 | 韓国食 | Trackback | Comments(2)

2015     韓国 ソウル     vol.16

 友人に連れて行ってもらった「ハヌチョン」で牛肉をごちそうになります。室長さんがすいすいと肉の塊を取り出してきて切り分けてくれます。
「日本の方なのでカルビが良いかな?!」
「何でも良いです。」
「じゃあ、カルビサル(カルビ)とコットゥシム(ロース)で行きましょう!!」
「お願いします。」

と言った感じでおいしそうなお肉が出てきます。




b0199822_131780.jpg




またこのお肉が良い具合にサシ(霜降り)が入っていておいしそうです。さっそく焼くと脂が良い感じでしたたり落ちておいしそうです。それを塩でいただきます。韓国ではごま油に塩を入れたタレで食べる事はあっても、日本の焼肉屋さんのように醤油ベースのタレに漬けて食べる事は少ないです。肉本来の味が生きてきます。日本の焼肉屋さんの場合タレの善し悪しで味が変わってしまいますが、ここでは肉の善し悪しがかなり出てきます。だから肉のランクを1+++などと表しそれを明示するお店が多いのです。




b0199822_1393096.jpg





さらにおかずとして生のレバーが運ばれてきました。日本では数年前物議を醸した一品ですが、ここでは全く心配ありません!!臭みも全くなく柔らかくとろけそうです。私自身正直レバーはあんまり得意じゃ無いんですが全然食べられます。友人曰く「シンシンハダ(新鮮だよ)」と言ってバクバク食べていました。何とお変わりのお皿3回入れました!!(笑) ごま油の香りが効いていてとても食べやすい一品です。





b0199822_1403353.jpg




b0199822_1405757.jpg




友人「ユッケ好きか?」

私「大好きです。」


のやりとりでユッケも出てきました。これがまたおいしい!!! ごま油がかかっていて梨も入っており卵の黄身が乗っかっている、これらを混ぜて食べると絶品です!!!

生肉好きとしてはたまりません!!ひんやりと冷たく味が濃すぎず、焼酎で熱くなり、焼肉で脂っぽさが感じられ始めた口の中に最高の一品です。


あまりにおいしくユッケを食べていると室長さんが友人に
「生肉が好きなら滅多に食べられない部位を出そう!!」
と滅多に食べられない部位、牛一頭から500gしか取れない部位を生で食べなさいと出してくれました。





b0199822_151991.jpg




b0199822_1513540.jpg




これがまた・・・
見た目は濃い色をしてう~ん・・・
と思いがちだが食べてみると
おいしい!!!
最近の言い方で言うと 「ヤバい!!」
ヒレ肉のように脂身が少なく、魚刺身の様にさっぱりしていてそれでいて甘みがあるようなおいしさがあって、確かに食べてことの無い味で普通では味わえない代物でした。生肉に虜にされて肝心の焼肉をあまり食べていない私なのでした。友人と室長さんに深く感謝!!






今年もここからみなさんに配信して行きたいと思います。

にほんブログ村


こちらも忘れずに!!

にほんブログ村




こちらからもみなさんに出会えたらうれしいです。

韓国料理(飲食店) ブログランキングへ


海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2016-01-05 02:01 | 韓国食 | Trackback | Comments(0)

2011    韓国    珍道中   Season13



b0199822_22223755.jpg





決死の思いでたどり着いた回龍浦ですがきれいな景色を見終わって一息ついたら、さて帰りはどうするか?!また同じ距離を歩いてバスかタクシーを待って醴泉(イエチョン)のバスターミナルまで行き、そこから安東へ向かうのにどのくらい時間がかかるのでしょう?!

不安になりながら駐車場まで降りてきてアイス売りのおじさんに預けてあった鞄をもらいに行くと、ちょうど店じまいの支度をしていたところでした。

「帰りどうするんだ?!」

「イエチョンのバスターミナルから安東へ行きます。」

「じゃあそこまで乗せて行ってやるよ!」

「本当ですか?!ありがとうございます。」


と言うことで、なんとアイス売りのおじさんのワゴンでバスターミナルまで送ってもらえることになりました。まさにヒッチハイカー状態で公共交通機関を使わずに三江酒幕から回龍浦へ来て、さらにバスターミナルまで行ってしまう!もちろん計算してたわけではありません!笑
これも面倒見の良い、人に優しい韓国人の気質のおかげです。感謝!!

無事にバスターミナルまでたどり着き、おじさんに丁寧にお礼を言って、名刺をいただきお別れしバスを待ちました。帰り道とても公共交通機関では通ることのない車一台分しか通れない橋を渡って近道をしてくれたので貴重な体験も出来ました。



そんなこんなで安東にたどり着き、宿を確保して遅めの夕食ということに!初日の食事は安東名物


「安東チムタッ」



やっと晩から晩までらしくなってきました。慣れない観光などして歩きまわったせいかお腹はぺこぺこです。ホテルから歩くこと10分前後でいわゆる「チムタッ通り」と呼ばれる通りに出ます。
アーケード商店街のようですが、周りは見渡す限りチムタッ屋ばかり!!
日本ならば共倒れをまず心配してしまいそうな所ですが・・・
各店TVに出た画像や取材に来たアピールなどを書いています。今回は2店舗に絞りどちらかで食べようと言うことにしました。そこで選んだのが

「ユジンチムタッ」





b0199822_22421985.jpg






b0199822_22424642.jpg






b0199822_22431876.jpg




多少遅い時間にもかかわらず店内は満席!「お二階へどうぞ!」と言われて二階へ!!


?????


二段ベットに上がる様な階段を上がって二階へ行くとそこは・・・

ロフトというか屋根裏部屋というか秘密の隠れ家というか、とにかく立つことは出来ず、2テーブルが置いてありテーブルまではハイハイの状態で行くといった状態の天井の高さです。席について座ると頭と天井の間はこぶし一個も入りません。閉所恐怖症の方はご遠慮下さい。笑


もちろんチムタッを頼みました。




b0199822_224906.jpg



醤油系の良い臭いが!!色も真っ赤ではなくこれなら辛くなくおいしく食べれそうだ!一口、二口、ん?!


辛い!!



見た目とは違ってかなり辛い料理です。でもおいしい!!くせになるおいしさで何べんも口に運んでしまいます。野菜もたくさん入っていてタンミョン(韓国春雨)が麺の様にたくさん入っています。




b0199822_22541357.jpg






b0199822_22543698.jpg




ここでふと、先ほど運ばれてきたパンチャンは大根のトンチミだけで、なんでキムチくらい無いんだ?!と思っていたのですが、この辛さならキムチなんて要りません。むしろトンチミがいい!!なるほど!!




b0199822_22565432.jpg



辛いのでなかなかペースは上がりませんが、柔らかく煮込まれた鶏肉、シャキシャキの野菜、しっとりと食べれるタンミョンとかなりおいしい料理です。




b0199822_225921.jpg






b0199822_22592668.jpg




鶏肉の柔らかさ、ジャガイモのホクホク加減、キャベツのシャキシャキ感などは絶品の組み合わせです。




b0199822_23134986.jpg






b0199822_2312541.jpg






b0199822_2314980.jpg




おいしいことこの上ないのですが、とにかく辛い!!韓国のブログで韓国人の人たちがパプ(ご飯)を注文して残ったチムタッも汁にパプを浸して食べていたので、マネをしようとパプを注文したのですが、辛くて口直しに白飯状態でモリモリ食べてしまいました。笑


量もかなり多く、辛さも相まってかなり満腹になった我々でした。食べた後唇がヒリヒリする感じでいつまでもサザエさんの「アナゴさん」のような唇になっていると感じてしまうくらいでした。笑




今回のお店

安東ユジンチムタッ
慶尚北道 安東市 南門洞 181-7
054-854-6019





こちらの記事はkoreatasteさんでも載せていただいています。詳しくはこちらを

http://www.koreataste.org/lang/ja/







さあ、ここもがんばってまた上位を目指します。みなさんよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村



もちろんここも、上位とは言わずTOP10入を目指します。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-12-15 23:15 | 韓国食 | Trackback | Comments(0)

お店紹介    25   家族会館 (全州)

 家族会館
「カジョクフェガン」



 全州  言わずと知れたビビンパの名店。ガイドブック等で全州の欄を開くと載ってない本はないくらいのお店。

入口は思ったより控えめで、知らなければ通り過ぎてしまいそうなくらい。二階にあがり店舗が広がる
。テーブル席だけでなく、奥には座敷席もあり宴会等が入ってる模様。




b0199822_2203110.jpg




まだ、夕食の時間には多少早目ではあるが、もうすでに多数の来店者を数える。同じ韓屋村に宿泊の日本人観光客も店内で見かける。


当然のように「ビビンパ」を注文すると、名店らしく数多くのパンチャンが!!ケーニップ(エゴマの葉)、水菜?!、ニンニクの芽など全州らしく野菜中心のパンチャンが並ぶ。




b0199822_2271846.jpg



だんだん店内も混んできて、店員さんもてんやわんや・・・
なかなか来ないビビンパを待っていると、彩り鮮やかなビビンパが運ばれて来ました。真鍮の器に入り各種ナムル等が盛られとても色鮮やかなビビンパです。





b0199822_22311593.jpg





b0199822_22314579.jpg



コンナムルをはじめ、各種野菜のナムルがたくさん入っていてとてもヘルシーな感じです。ソウルのユンハルモニビビンパで食べるのとはまた違った感じのビビンパで、食べるのが楽しみでした。彩りきれいなビビンパを惜しげもなくビビン、ビビン、ビビン!!

ここで、インターネットの某サイトのブログに「韓国人のツウはビビンパをチョッカラ(お箸)で混ぜます。」と書いてあったので、チョッカラを使い混ぜようとすると・・・
「アンデ!!」

全州訛りの少し入ったハングル語で、お店のサジャンニム(社長)らしきハルモニ(おばちゃん)が言ってきました。なにがダメなのかわからなかったので、さらにビビンしようとすると・・・


「チョルテ アンデ!!」



つまり、絶対にダメだ!!ということです。ビビンパをチョッカラで混ぜる(ビビン)するのは絶対ダメだということだそうです!某サイトのブログに書いてあった箸で混ぜるのがツウ!!は何だったんでしょう?!ただの知ったか?!


無事に スッカラ でビビンし終えた我々は、やっと全州ビビンパにありつけることに・・・




b0199822_2243264.jpg



一口、二口、・・・・


すごいうまい!!!これぞ全州ビビンパ!!!


といった感じではなく、こんなもんなの?!といった感じが強かったです。決してまずいわけではないんですが・・・やや辛めの味付けと、辛いだけで味にパンチがない感じで私個人はソウルのユンハルモニビビンパの方が好きです!!


もちろんこれだけの客入りなのですから、まずいわけではないし、まだ他店「ソンミダン」や「全州中央会館」など有名店をすべて食べたのではないので何とも言えませんが、こんなもんなんだ?!という感じがありました。

しかも店員さんに「モジュ ください。」と頼むとバイトの店員さんはあちこちに聞いて「モジュはありません」とのこと・・・翌朝コンナムルクッパのお店でモジュは飲めましたが、こちらも残念でした。


決してまずいわけではありませんので、個人的感想です。あと、パンチャンで出てきたケランチムはとてもおいしく、あっという間に完食しました。




b0199822_2256043.jpg




今回のお店は、私なりの個人的意見がかなり強いので、皆さん自身で食べていただいて感じていただくのが一番いいと思います。なんと言っても超有名店ですから!!


評価  ★★★☆☆


価格  ビビンパ   10000w




しかし、上位TOP5 は みんな100票超え!! すごすぎる!!6位定着は喜ぶべきか、悲しむべきか?!
    ⇓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



このままいくと、TOP10 転落も近い!!頑張らないと・・・
  ⇓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-03-10 23:06 | 韓国食 | Trackback | Comments(2)

お店紹介    24    ナリエチッ

 ナリエチッ




b0199822_2031922.jpg



ソウル   漢江鎮    梨泰院のとなり駅


地元民がちょっと食べにくる食堂ってかんじです。
夜中も遅くまで開いていて、ふらり食べにくる食堂です。サムギョッサルやプデチゲ、なんと行ってもチョングッチャンがおすすめ。独特の匂いをしているが辛い中にもうまみがあり、ご飯がすすみます。

他にも色々メニューはありますが値段は下記のとおりです


サムギョプサル
2人前~注文可 삼겹살(サムギョプサル) 9,000 ウォン

プデチゲ 부대찌개(プデチゲ) (大)15,000
(小)10,000 ウォン

豚肉の辛炒め 제육볶음(チェユッポックム) 8,000 ウォン

イカの辛炒め 오징어볶음(オジンオポックム) 7,000 ウォン

清麹醤とおかずセット 청국장백반(チョングッチャンペッパン) 6,000 ウォン

テンジャンチゲ 된장찌개(テンジャンッチゲ) 5,000 ウォン

おぼろ豆腐のチゲ 순두부찌개(スントゥブチゲ) 5,000 ウォン

キムチ混ぜチゲ 김치섞어찌개(キムチソッコチゲ) 5,000 ウォン

ライス 공기밥(コンギパッ) 1,000 ウォン





b0199822_21401888.jpg



どことなく「場末」
という雰囲気が漂い、夜中にチゲ類を食べたり、サムギョッサルを食べていると、「みんな色々くろうしているんだなぁ・・・」と逆にやる気がわいてくる気がする不思議なお店です。笑


評価 ✪✪✪☆☆     不思議なお店につき、特殊記号の星3つで!!



まだまだ上位には食い込めない!いつの日か上位の常連を目指す!!
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



ここでもTOP10をキープするのは容易ではない!みんな更新が早い!!おどろく!
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村


  ↑
このランキング両方見ると参考になりますよ!嫌でなければクリックしてください。
by poso_siroyo | 2011-02-27 21:48 | 韓国食 | Trackback | Comments(3)

お店紹介   23   ベテランカルククス

 ベテランカルククス




b0199822_2257492.jpg



 全州  カルククスとマンドゥが人気のお店。

ドラマ「あんぱん」キム・クァンヒョン、チェ・ガンヒ主演



b0199822_23182097.jpg




b0199822_23192550.jpg



の中で、主演のあんぱんこと“パク・クァンヒョン” と ハン・ガランこと“チェ・ガンヒ”が食事を食べるのに利用したお店で、ドラマの中では、ステンレスのお箸でチャンバラするシーンが有名です。

ドラマの中では、お店は小さな感じで、テーブルが数席あるようなこじんまりしたお店ですが、実際行ってみると、入口が表裏あり、どちらが表かわからないのですが、片方から入るとドラマで使う店内になるのですが、もう片方の入り口から入ると奥に広い座敷がありかなりの人数が入れる感じです。ドラマのイメージで行くと驚きます。


カルククスとマンドゥを注文して、店内を見ると、やはり大多数の人がカルククスを食べてました。しかしカルククスの上には真っ赤な唐辛子の粉?!がかけてあり、これはかなり辛そう?!





b0199822_2334258.jpg



ところが、食べてみると辛くなく、マイルドなしょうゆ味で、どうやら唐辛子の粉ではないようでした。とき卵が入っていて、韓国のりもたっぷりかかっており食べやすい味です。少しドロっとした感じはありますが、嫌な感じではありません。麺は韓国のカルククスの基本形柔らかめで、日本のラーメン固めを食べてる人には歯ごたえ不足かもしれません。でも、私的には韓国のカルククスはこのくらいがちょうどいいのでは?!と思います。



マンドゥはやや小さめで、1皿に10個で食べやすい大きさです。皮が比較的薄めで、肉汁が味わいやすくなっています。カルククスでは物足りないかもしれない胃にはちょうどいい一品です。




b0199822_2351381.jpg




ガランの「たっぱんぱん!!」 という声が聞こえてきそうな店内でした!



b0199822_23594344.jpg



評価 ★★★★☆   カルククス屋としては十分おいしい部類です。




更新がマメな方が多くすごい!!がんばらないと下位転落の危機!!
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村


韓国料理ってこんなにすごいんですね!皆さんの知識の深さに敬意!!
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村


もしも不快でなければ上のバナーをクリックして見ていってください。⇈
by poso_siroyo | 2011-02-22 00:04 | 韓国食 | Trackback | Comments(3)

お店紹介    22     チンウネチプククス(宝城)

 チンウネチプククス

 宝城(ポソン)





b0199822_2321191.jpg



竹の里で有名な宝城(ポソン)にあるククス屋さん。
ククスとゆで卵で有名なお店である。薬膳ゆで卵が特に有名で、お客さん多くが頼んでいる様子でした。


ククスはさっぱり系の味で、タマネギ、ネギなどしか入っていないがその味は十分おいしく食べられる。韓国味噌のようなタレと醤油味のスープがマッチして一杯だけでなく二杯三杯もいけそうな感じである。




b0199822_239189.jpg



麺は太めで、どちらかというと柔らかめである。しかし麺とスープがうまく絡まってしっかりとした味が味わえる。

我々は夏に行ったのだが、店先の川べりに桟敷席のようになった席が何席もあり、とてもいい感じに川を見ながら食べられます。冬場は無理ですが・・・



みんなが頼んでいる薬膳ゆで卵は、店先の大鍋でゆでられて、ザルにたくさんあげてありました。




b0199822_23164787.jpg



塩だけで食べるゆで卵ですが、日本ならゆで卵はそんなに数食べられないんですが、ククスとの組み合わせと、味付け、川べりの環境などで普段以上に食べられてしまいます。


竹の里を訪れた際には、昼食をとるにはここが最適だと思います。冬は冬で、店内で食べるようになりますが、温まるのにはいいと思います。



評価    ★★★★☆  +0・5は上げてもいいと思います。



更新しなかったらすっかり下位に・・・しかし不動の上位は、なんでこんなに票が集まるのでしょうか?!すごすぎです!!
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



更新しなかったらベスト10以下に!!ここも新進気鋭のブロガー続々と!!必見!!
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村


それぞれクリックして拝見していってください。まだ見ぬ強豪がたくさんいます。
by poso_siroyo | 2011-02-13 23:30 | 韓国食 | Trackback | Comments(2)

お店紹介   21    ピョルタンマッククス(春川)

 ピョルタンマッククス




b0199822_22173831.jpg





b0199822_221928.jpg



春川 清涼里から電車に乗り約1時間半くらいで日本人には「冬のソナタ」、「タッカルビ」で有名な春川(チュンチョン)につきます。




b0199822_2225346.jpg



今回はあえてタッカルビでなく「マッククス」を食べに行く。チュンチョンの中心街から少し離れて住宅街を地図に沿って進んでいくと、「ピョルタンマッククス」の看板を発見。


駐車場の中を進むと入口が・・・
森?!のような入口を入る。




b0199822_2231402.jpg



店内はさほど広くない、オンドルの座敷が個室風に区切られて3室あり、あとはテーブル席がある。昼食時間をずれているせいかお客さんは少ない。作りは古くトイレは離れになっている。


マッククスはもちろん有名であると言う「カムジャチヂミ」を注文する。パンチャンは白菜のキムチと青菜のキムチが運ばれてくる。カムジャチヂミは味は薄味で、タレをつけると丁度いい味わいになる。甘酸っぱい中に辛みが少しあるタレにつけると、もっちりした食感のチヂミがおいしく食べられます。この春川の近辺はジャガイモの産地で有名らしく、カムジャチヂミは名産の一つであるそうです。




b0199822_22454872.jpg



もっちりした食感に、ニラとニンジンしか入っていないシンプルな作りであるが、カムジャチヂミらしく満腹感がある。





b0199822_22461383.jpg




マッククスは鉄の器に入り、キュウリ、ニンジン、梨、ゆで卵、辛いタレがかけてありマッククスの麺が巻きつけるように盛ってありかなりの量には見える。これに店員さんがはさみを入れてくれて食べやすい長さに切ってくれる。
これにザラメのような砂糖!!!を入れて、

えっ!!「さ、砂糖?!」

辛さを消すためなのか、味に深みを出すためなのか砂糖を入れるみたいです。

さらに備え付けのマッククスの汁を入れてビビン(混ぜて)食べる。作り方がわからなければ、動作で示すか、「モルゲッソヨ?!」っと店員さんに言えばやってくれます。店員さんの中には、日本語を少し話せるアジュンマがいます。ただバイト君の男の子たちは全く話せませんのでご注意を!笑


甘い砂糖と、ピリ辛の味わい、醤油ベースの汁がいい感じでかみ合い何とも言えないおいしさがある。辛いのが苦手な人は砂糖を多めに入れなさい。とアジュンマは申しておりました。





b0199822_2303678.jpg




他にもサムギョッサルやチゲ鍋などもあり、夜はまた違った客層と思われる。昼間はマッククス中心の麺屋と言う感じであるが、夜は食事、飲むところになるのかもしれません。ただ、場所が住宅街の中で、中心街から少し離れているので飲むのにはどうかな?!と要らぬ心配をしてしまいます。笑



評価     ★★★★☆  砂糖を入れるという新鮮な感覚でさらに加点+0.5 




ランキング上位は韓国在勤在住の方、見ているとみなさんいろいろ食べ歩いていて、自分が訪韓するときの参考になります。そして、自分はまだまだ甘いな!と再認識。ぜひ見てください。
   ↓

にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村




韓国料理の作り方、販売、食べた感想などいろいろな分野から韓国料理を見つめて順位をつけてます。韓国料理って奥が深いですね。
   ↓

にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-01-30 23:32 | 韓国食 | Trackback | Comments(0)

お店紹介    20   ヤンスミョンオク(京義洞楓山)

 ヤンスミョンオク





b0199822_211425.jpg





b0199822_21193850.jpg




京義線楓山駅から徒歩   京義線に乗り、楓山駅で降ります。だいぶ郊外まで来た感はありますが、駅舎はとてもきれいで、さしずめ郊外のベットタウンといった感じ。




b0199822_21175935.jpg



今回の目的は「ヤンスミョンオク」「ヤンス麺屋」です。江南にある「ヤンスガーデン」の本店ということで、チョングッチャンを食べみようと、地下鉄と京義線を乗りやってきました。駅から10分前後歩くと、郊外店らしく店構えの大きい、飲食店店舗が数軒集まっている。その中でもひときわ拡張高い作りの建物が「ヤンスミョンオク」でした。最近ではドラマ
 「華麗なる遺産」


のロケ地にも使われ、訪れる人も増えたらしいです。

麺屋とは言うものの、実際には高級焼き肉店言うことでした。
木目作りの格調高い玄関を入り中に入ると、中はかなり広い座敷が数パートに分かれてあります。お昼時からは少したっている平日にもかかわらず、家族連れが何組もいたのには驚きでした。これだけの高級店でみんなお昼なんだ?!思っていましたが、あとで本を見てみるとお昼のランチ時のメニューはかなりリーズナブルだそうです。

我々はチョングッチャンとプルコギを注文しました。ここのチョングッチャンは日本でもあまり取り上げておらず、雑誌がやっと取り上げたということです。




b0199822_21314858.jpg



高級店らしく、たくさんのパンチャンがまた食卓を盛り上げる。カレー味の肉じゃががおいしかったです。


さて、まずはチョングッチャンですが、ものすごい臭いというわけではないのですが、においが全くない!と言うわけでもありません。ちょうど良いまろやかさと、濃さがありご飯と共に食べるにはもってこいです。しかも、さすが焼き肉屋さんのチョングッチャンだけあって、しっかりとした肉がゴロゴロと入っていて、これがまたおいしい。^^





b0199822_22252714.jpg




おまけのつもりで頼んだプルコギですが、これがまたおいしく、甘すぎない味は絶品!!さすが、平日でもこの客入り!といった感じです。




b0199822_22271521.jpg





b0199822_22275189.jpg



肉自体も、韓牛らしく柔らかく、なんと言えない味わいで、プルコギの汁を吸った肉がとてもジューシーでおいしい!!




b0199822_2229376.jpg



甘みの中にうまみが詰まったと表現しても良いでしょう。エゴマやサンチュで巻いてしまうのがおしいので、そのままいただきました。




b0199822_22324230.jpg




わざわざ郊外まで食べに行っても、損することはない一店です。


評価  ★★★★☆ +0.5   と言ったところでしょうか?!-0.5は郊外なので行くのに少し時                間がかかる。というあたりですかね?!



ついに4位陥落!!
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



このまま行くとTOP10陥落!!
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-01-25 22:35 | 韓国食 | Trackback | Comments(0)