<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 三江酒幕を出て、一番近いバス停で待つこと1時間数十分!!

未だにバスはおろかタクシーすら一台も通らない!暑さとむなしさでやりきれないでいると一台の白い乗用車がそばで止まった・・・

運転席のおばさんが話しかけてくれました。

おばさん:「バスを待っているのかい?」「どこへ行くの?」

我々:「回龍浦(ヘリョンポ)に行きたいんです。」

おばさん:「醴泉の回龍浦ね」

おばさん:「そばまで行ってあげるから乗って行きなさい。ここじゃいくら待ってもバスなんか来な      いわよ。」

我々:「本当ですか?! ありがとうございます。」

渡りに船とはこのことで我々は喜んで乗せてもらうことに・・・
冷房の良く効いた車内に乗せてもらうと助手席にもう1人のおばさんもいました。「こんにちは」と明るく挨拶してやけにテンションの高いおばさん達。

ん?!

よく見ると・・・

三江酒幕でマッコリガンガン飲んでた2人じゃないですか!!!
しかも運転しているおばさんもたっぷり飲んでいた様な?!
いわゆる飲酒運転です!!

しかし背に腹は代えられない、我々は送ってもらうことにしました。^^;

三江酒幕から回龍浦までは3,40分くらいある様で、車内では色々世間話をしていました。我々は日本人であること、観光で三江酒幕を訪れたことなど、おばさんは保険屋さんで保険の契約で三江酒幕に来ていたこと、回龍浦は大体ならわかるが詳しくはわからないと言うことなどを話しました。




b0199822_22463150.jpg


しばらく車を走らせて、回龍浦のそばらしい回龍浦の記念館のそばで下ろしてもらいました。飲酒運転の割には安全運転で、事故もなく無事につきました。丁寧にお礼を言って名刺をいただき日本に帰ってからお礼することを考えながらお別れしました。

さて、目の前に川が流れているものの回龍浦らしき物は見つかりません。川に沿って歩いて行くと回龍浦の看板が・・・
ここから3キロと出ています。
3キロくらいなら歩けるだろうとがんばって歩くことにしました。川沿いの田園風景の中にぽつりぽつりと回龍浦の看板が・・・




b0199822_22562826.jpg



3キロ歩けば河の真ん中に浮かぶ回龍浦が見えると思いがんばりました。あと1.5キロの看板が!
がんばろう!汗だくで脚も結構疲れているけれどがんばって回龍浦見ようとがんばりました。




b0199822_22585129.jpg



歩く  歩く   歩く


そろそろ3キロになるところで目の前にかなり大きな橋が!どうやらこの橋を渡ると回龍浦があるようです。




b0199822_230282.jpg



橋を渡って回龍浦の入口かもしくは回龍補が見渡せるお寺が高台にあるのでそこの入口を探したところ、どうやら回龍浦に入るには1本の橋しかなくそこに行くまでにはまだ相当距離がある様でかなり歩くとのこと。高台のお寺と展望台まではあと2.6キロの距離があると書いてあります。仕方ないので高台展望台を目指して歩くことに・・・
こんなことならば回龍浦まで送ってもらわず、そばの駅で降ろしてもらいタクシーでも拾って頂上まで行けば良かったと後悔し始めている我々でした。

2.6キロの最後の大詰めの道のりを荷物を持っててくてく歩き出した我々ですが、歩き出してすぐに後悔しました!!!
登り  登り     登り

アップダウンが激しくしかも登りがかなり、ほとんど山道をソウルの街中歩く様な格好と、がらがらを下げて上っている我々は端から見るととても滑稽な感じでしょう。
はたして回龍浦は見ることが出来るのでしょうか?!不安になってきた我々でした!!







ここでランクに入るのはすごいこと。是非見ていって下さい。
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村




ここではもうどこにいるかわかりません。覗いていってください。
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-11-26 23:12 | 韓国 | Comments(1)
 三江酒幕に拍子抜けを食らった我々は、暑い中飲むものも飲まずに次の目的地回龍浦へ!
川の中に浮かんだ街「回龍浦」、安東の河回村と似た様な所ではあるがこちらの方が明らかに河に囲まれた街である。
三江酒幕からバスで醴泉(イエチョン)まで行きそこからタクシーで回龍浦へ向かう予定になってました。

三江酒幕の上を通る大通り?の所まで歩いて行き、バス停を探していると、道行く近所の人があそこにあるぞ!と教えてくれたのでバス停でバスを待つことにしました。




b0199822_22193564.jpg



ベンチと屋根まで付いているので、暑くて大汗をかいている我々は荷物を下ろしてバスを待ちます。もちろん時刻表なんてありません!!!




待つこと




待つこと




待つこと




待つこと




待つこと



待つこと



車はポチポチ通るのですが、一向にバスが来ない!!



バスを半ばあきらめてタクシーでも良いと思いタクシーを待つも・・・




タクシーも来ない!!!



かれこれバス停に来てから1時間が過ぎようとしていました。あまりの暑さで耐えがたく、近隣にはコンビニ一つない田舎景色!





b0199822_22254055.jpg




そんな時、うろうろしていると道路脇の農家に「담배 (たばこ)」の文字が。もしかすると飲み物くらいは売っているのでは?!スポーツしているのではなくバスを待っていて熱中症なんてたまらないと思い行ってみて、誰もいない農家の庭先で声をかけてみると・・・

「저기요~?」(すいませ~ん?)

と言うと隣の唐辛子畑から「네~!」(は~い)

農家の女将さんが顔を出してくれました。「何か売ってないですか?!」

あそこにアイスならあるよ!と指さしました。道路っ端にパラソルで囲われたアイスのボックスが!女将さんは鎖で閉じられたアイスボックスを開けてくれてどれでも選びな!と笑顔で言いました。

アイスに付いた霜の感じからとても最近仕入れたものではない!と言うことは容易に察しが付きましたが、この暑さと1時間以上の炎天下の待ちでそんなことは言ってられず、韓国R社のねじった棒アイスを買いました。女将さんはとてもうやさしく、わざわざ中の方から拾って出してくれました。地層で言えばかなり前の化石という所でしょうか?!
バス停について袋を開けてみるとカビが生えた様な霜が・・・
でもおいしくいただきました!この暑さの中貴重な水分と冷却物です。



でもまだ、バスもタクシーも来る気配はありません。このままで回龍浦どころか夜に安東の宿に着くのでしょうか・・・?!






ここでTOP5に入れたら名誉なことです
    ↓
 にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



こちらに関してはTOP10でもすばらしいことです。
    ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-11-02 22:48 | 韓国 | Comments(6)

韓国食べ歩きブログ2 夜中から朝から昼から夜まで食べてばかりの食べ歩き!! さて今日は何を食べるかな?!


by poso_siroyo