韓国食べ歩きブログ2 夜中から朝から昼から夜まで食べてばかりの食べ歩き!! さて今日は何を食べるかな?!


by poso_siroyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
食べ歩き
韓国食
韓国
ソウル
地方
市場
買い物
お酒
移動
韓流
韓国茶
ロケ地
呑み
韓友
友人
韓流ドラマ
世界遺産
名所
スイーツ
空港
機内
閑話休題
訪問
豚肉
鶏肉
麺類

鍋類
観光
焼肉
韓国情報
市場
お祭り
現地投稿
未分類

最新の記事

2017夏韓国 食の旅 vo..
at 2017-08-23 00:35
2017年夏韓国 食の旅 v..
at 2017-08-21 21:29
2016     夏 韓国 ..
at 2017-08-21 20:49
2016     夏 韓国 ..
at 2017-08-20 21:40
2016     夏 韓国 ..
at 2017-08-19 18:15
2017 夏 韓国 ep.8
at 2017-08-18 23:33
2017 夏 韓国 ep.7
at 2017-08-18 21:03
2016      夏 韓国..
at 2017-08-18 19:22
2017 夏 韓国 ep.6
at 2017-08-16 22:29
2017 夏 韓国 ep.5..
at 2017-08-16 22:16

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

タグ

(145)
(114)
(112)
(79)
(43)
(36)
(13)
(12)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)

記事ランキング

外部リンク

フォロー中のブログ

ぴきょログ~軽井沢でぐー...
韓の道膝栗毛
おいしい韓国食堂物語

ブログパーツ

最新のトラックバック

リンク集
from 韓国コスメ大好き☆
ハン・ヘジン 最新情報 ..
from これ好き! KoreaFan

韓国食べ歩き

韓国料理を食べ歩く
牛、豚、鶏,魚だけでなく色々!!おいしい物を求めて東奔西走!!
晩から次の日の晩まで食べてばかり。

ファン

ライフログ

検索

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧

タグ:地方 ( 112 ) タグの人気記事

2012     韓国     食べ歩き   3

 早朝の鐘路の街中を歩いて鐘路3街駅に向かいます。まだ日の出はほど遠い時間。食べ物屋は仕込みしているのか湯気が上がっているお店もあります。地下鉄に乗ってソウル駅を目指します。





b0199822_2395877.jpg



朝早くから仕事に向かうのか結構な人が地下鉄に乗っています。改めて眠らない街ソウルを認識させられます。

 ソウル駅に着くとかなりの人、人、人!こんな朝早くから!?
地方へ行くのか切符を買う券売所も並んでます。当然まだ日の出前です。





b0199822_23123336.jpg






b0199822_2313423.jpg




KTXの切符を購入してホームに向かいます。売店で軽い菓子を購入してKTXの到着を待ちます。ホームには地方に向かう人々であふれています。朝のこの時間から?!





b0199822_23172940.jpg




人づてに聞いたKTXの評は、座席が狭く、音がうるさく、振動が大きい、新幹線と比べると乗り心地は良くない!フランスのTGVをモチーフにしているのであまりよくない。とのことでした。初KTXになる我々は不安も感じずにはいられませんでした。



そんなこんなしているうちにホームにはKTXの流線型のフォルムが到着しようとしていた・・・






b0199822_23213677.jpg




b0199822_2322575.jpg







ついに2位まできました。ありがとうございます。目指すは・・・
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村




こちらだってBEST10入り!快挙です。みなさんありがとうございます。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村




こちらのサイトにもお世話になってます。
  ↓


海外食べ歩き ブログランキングへ




by poso_siroyo | 2012-02-25 23:34 | 移動 | Trackback | Comments(0)

2012     冬      韓国 7

 ソルロンタンでお腹を満たした我々は義王市へ向かうことに、地下鉄に乗り義王市へ向かうことにしました。今日の目的は義王市で韓国ドラマ「魔王」に登場する教会に行くことと、そこで人気のうどん屋さんでうどんを食べることです。

ソウルから1時間くらいで義王市に到着し、地下鉄「仁徳院駅」からタクシーに乗って教会に向かいます。ソウル郊外のベッドタウンでマンションが多く、住宅街でタクシーでそこを抜けて郊外に入った高台にあります。





b0199822_191625.jpg




その教会は朝日を浴びて白く輝いていてとてもキレイです。この場所で韓国ドラマ「魔王」(オム・テウン主演)が撮影されました。





b0199822_19181649.jpg




教会をあとにした我々はタクシーを呼び少し早い昼ご飯にうどんを食べに義王市市街にむかいました。


お店はまだ昼には少し早いのですが、かなり広い座敷席には結構なお客さんが入っていました。家族連れが多く入っていました。





b0199822_19225169.jpg






b0199822_19235262.jpg






b0199822_19242898.jpg




このお店は後に詳しく紹介したいと思っていますが、今回の食べた中ではかなりのお勧め店です。どちらかというと伝統料理と言うよりは新しい料理を工夫したフュージョン的な料理です。
「しゃぶしゃぶうどん」という料理が売りのお店です。決して日本料理ではありません。





b0199822_19295834.jpg




かなりおいしいお店で満足した我々は義王駅に移動してKORAIL でソウルに戻ることにしました。





b0199822_1932556.jpg






b0199822_19333168.jpg





KORAIL の中でお腹一杯で眠てしまった我々でした。ソウルに戻って夕食を食べに行くお店を夢見ながら寝ている我々一行でした。







ここでがんばってTOP5入りを目指します。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村




ここは食らいついているだけ状態です。がんばらないと!
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村




新たにここにも紹介されてます。
   ↓

海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2012-01-29 19:42 | 韓国 | Trackback | Comments(0)

2011 冬   韓国  3

 翌日早めに起床した我々は食べようと思っていたホテル隣の「チョングッチャンチプ」がネットの営業開始時間になってもまだまだ開店する様子がないため、近場のキンパブ天国で朝食にすることにしました。




b0199822_23151722.jpg



時間通りに開かないところがまた韓国らしくあるところです。




b0199822_23221490.jpg






b0199822_23225715.jpg






b0199822_23232563.jpg




キンパブ、トッククク、テンジャンチゲなどを頼み、味はともかくお腹は満たされて目的地へ出発することに。


今日は韓国ドラマ「グロリア」に出て来る「ゴンセリ聖堂」とウィアムリ民族村(マウル)へ行くことになってます。


聖堂と民族村は温陽温泉を挟んで全く正反対の方向にあるため、聖堂へ行ったあと一旦温陽温泉に戻りその後民族村へ行くことに。


タクシーで乗ること30分くらいでゴンセリ聖堂へ。





b0199822_23353181.jpg






b0199822_2336698.jpg






b0199822_23364824.jpg




郊外の住宅地の小高い丘に朝日を浴びて聖堂がありました。煉瓦作りのきれいな教会で、小高いので景色もよくとても崇高な感じになれる教会でした。


路線バスに揺られて、一旦温陽温泉に戻りそこからまたタクシーでウィアムリ民族村へ。こちらはタクシーでもの10分~15分でつきました。




b0199822_23411392.jpg






b0199822_23421556.jpg




映画や歴史物ドラマにも使われているらしく色々飾ってありました。私は不勉強なのでドラマ「コッチ」しかわかりませんでしたが、ウォンビン主演のドラマや数々の歴史物がこの地で撮影されてました。
歴史物ドラマについては我がブログを愛読?!していただいている、トンマンさんの「トンマン韓国歴史ドラマの旅」をご参照下さい。詳しく色々書かれています。


さて晩から晩まで、朝キンパブ天国で食べ以来名にも食べていないのでここで昼食をとることにしました。

チョングッチャンが有名なお店「シゴルパッサン」またの名を「新昌宅」で食べることに。




b0199822_2348289.jpg






b0199822_23485438.jpg




狭い韓屋の個室に案内されて、もちろん注文するのはチョングッチャン!
運ばれてきて、思っていたより臭いがきつくない!チョングッチャンというとあの臭いでダメな人が多いのですが、どちらかというと濃いめのテンジャンチゲといった感じです。





b0199822_2352384.jpg



野菜中心のパンチャンと濃すぎないチョングッチャンが妙に合い、黑米入りのパプがまたチョングッチャンに漬けて食べるとおいしい。





b0199822_2354135.jpg






b0199822_2354431.jpg






b0199822_23551067.jpg






b0199822_23563136.jpg




歴史ドラマの1シーンのような古宅で昔ながらの味のチョングッチャンを味わい、ドラマの中に入り込んだ様な気分で食べ終えた我々でした。





ここは上位に行ける様にがんばります。みなさんの応援が上位進出につながります。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村




こちらもがんばってますがまだまだ下の方です。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村




先ほど紹介したトンマンさんの「トンマン韓国歴史ドラマの旅」はこちら
   ↓
http://good.mond.jp/handora/tonman/
by poso_siroyo | 2012-01-14 00:03 | 食べ歩き | Trackback | Comments(2)

2011 冬   韓国   2

 温陽温泉について遅い夕食を食べ、部屋で一息をつくと時計は12時になってました。今回の宿泊先は「温陽パレス観光ホテル」で値段はそれほど高くないのに立派なホテルで、フロントの方も日本語が話せて不自由することないホテルです。また駅からも歩ける範囲内で使い勝手が良いです。






b0199822_21202267.jpg






b0199822_2121322.jpg




温陽パレスホテル (旧温陽プラザホテル)
住所 〒336-010
忠清南道牙山市温泉洞228-1 TEL +82-41-547-2500 FAX +82-41-545-0006



12時は過ぎているものの、そこは晩から晩まで食べてばかりなので食べに出ることにしました。
狙っているお店はテジカルビのお店ですが、これがホテルから700mくらいなのですが見つからない!いくら探しても場所はあっているはずなのに、まだ開いているはずなのに見つかりません。

あとで韓国サイトで調べるとどうやら閉まっていた様で見落としてしまったみたいです。

 仕方なくチェーン店のチキン屋さんに入ることにしました。TVでもCMしてるお店で12時半くらいで10人前後のお客さんが入っています。





b0199822_2216970.jpg




フライドチキンのヤンニョムチキンとノーマルのフライドチキンを頼み定番のメクチュ(ビール)を頼みました。




b0199822_2218128.jpg




パンチャンというかおつまみは、これまた定番の乾き物と大根のトンチミそして生キャベツです。




b0199822_22194385.jpg






b0199822_22214815.jpg






b0199822_2222428.jpg










熱々のチキンはとてもおいしく、韓国人の夜中のお酒の友としてこよなく愛されているのがわかる気がします。





b0199822_22265776.jpg




フライドチキンはサクサクで香ばしく、ヤンニョムの方は甘辛くコッテリしていてビールに合いそうです。




b0199822_22281523.jpg




お腹一杯のはずなんですがついつい手を伸ばしてしまうチキンです。このお店はあとから知ったんですが、フライドチキンだけでなくグリルチキンも有名とのことでした。

初日の夜から晩から晩までをスタートした我々でした。



ここはがんばってTOP5入りを目指します。
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村



ここも細々とがんばります。
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村  



こちらもおもしろい!韓国の歴史をドラマと共に触れてわかりやすく説明してくれます。
もちろんグルメもあり!!必見です。
  ↓
http://good.mond.jp/handora/tonman/ 

トンマン韓国歴史ドラマの旅

筆者 トンマンさん  「イ・ヨンウォンのような絶世の美女かもしれない尊徳女王!」
by poso_siroyo | 2012-01-11 22:41 | 食べ歩き | Trackback | Comments(0)

閑話休題  2011  冬  

みなさん、あけましておめでとうございます。

作者訪韓のため更新が遅れていてすいません。今年もよろしくお願いします。


今回、隣国の弔事がある最中忠清南道牙山市、ソウルと訪韓してきましたので最新の話をお書きしたいと思い、本来のブログを中断してお送りしたします。

12月27日 年末押し迫っている最中に成田より訪韓しました。




b0199822_20353610.jpg



成田に着いた途端、機材到着遅れで30分の遅れが・・・
仁川からのバスの時間がギリギリの時間だったのでこれでは予定が狂ってしまいそうだ。ところが飛び立つ前にまた30分遅れて合計1時間以上遅れて予定が全く狂ってしまいました。


仁川について牙山に行くバスまで1時間以上待たなければならないことになり急遽コース変更!ソウル高速バスターミナルまで行き、そこで乗り換えて牙山まで向かうことへ。その方が仁川でバスを待つより40分以上早い計算になります。


牙山に到着すると22時近くになっていました。13時30分発の予定で、20時頃には牙山に着いている予定だったのがすでに狂ってしまい計画していたお店が閉まってしまい、仕方ないのでホテルのフロントの人に近所にあるおいしいお店を聞いてみると「サムギョプサルのおいしいお店ならあります。」やはり日本人なので辛くないサムギョプサルが良いと思ったのか教えてくれました。




b0199822_2122479.jpg





b0199822_2126717.jpg



「ファロミョンガ」「大爐名家」というお店で、伝統食堂と言うよりもどちらかというと新しいフュージョン的な店作り。

値段もメニュー数もまあまあで、当然サムギョプサルとテジカルビを頼むことにしました。




b0199822_2271887.jpg



炭火焼きの様で鉄製のボール型の炭焼きがセットされました。




b0199822_2285211.jpg






b0199822_22101897.jpg




ついてくるパンチャンが多くあらためて韓国に来たんだなと時間しました。日本で食べる韓国料理ではここまではいきません。




b0199822_22141365.jpg





b0199822_2214443.jpg





b0199822_22151349.jpg





b0199822_22155235.jpg





b0199822_2216559.jpg





b0199822_2217441.jpg





b0199822_22184219.jpg




特にアジュンマが取り分けてくれたケランチム(卵蒸し)がおいしかったです。




b0199822_22214482.jpg





b0199822_2222685.jpg





b0199822_22252837.jpg



サムギョプサルはお店の人が焼いて刻んでくれましたが、肉厚でおいしくサンチュで巻いて食べると肉汁が出て非常においしかったです。




b0199822_2231375.jpg





b0199822_22321092.jpg





b0199822_22332294.jpg



テジカルビは味付けがしっかりしていて、食べやすくおいしく、骨付きの骨の周りの所も焼いてくれます。




b0199822_22355592.jpg





b0199822_22373588.jpg




なかなかおいしいお肉を手軽に堪能して、〆は冷麺でしめることに!




b0199822_22385132.jpg



温泉街のお手軽食事、レジの店員さんの娘も片言ながら日本語も話せ意外に日本人が来ているのかな?!と思わせる温陽温泉の街でした。






今年はここのランキングもがんばりたいので是非ともよろしくお願いします。
     ↓
   にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村




こちらもあきらめずにコツコツやっていきます。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2012-01-02 22:46 | 食べ歩き | Trackback | Comments(2)

2011    韓国    珍道中   Season13



b0199822_22223755.jpg





決死の思いでたどり着いた回龍浦ですがきれいな景色を見終わって一息ついたら、さて帰りはどうするか?!また同じ距離を歩いてバスかタクシーを待って醴泉(イエチョン)のバスターミナルまで行き、そこから安東へ向かうのにどのくらい時間がかかるのでしょう?!

不安になりながら駐車場まで降りてきてアイス売りのおじさんに預けてあった鞄をもらいに行くと、ちょうど店じまいの支度をしていたところでした。

「帰りどうするんだ?!」

「イエチョンのバスターミナルから安東へ行きます。」

「じゃあそこまで乗せて行ってやるよ!」

「本当ですか?!ありがとうございます。」


と言うことで、なんとアイス売りのおじさんのワゴンでバスターミナルまで送ってもらえることになりました。まさにヒッチハイカー状態で公共交通機関を使わずに三江酒幕から回龍浦へ来て、さらにバスターミナルまで行ってしまう!もちろん計算してたわけではありません!笑
これも面倒見の良い、人に優しい韓国人の気質のおかげです。感謝!!

無事にバスターミナルまでたどり着き、おじさんに丁寧にお礼を言って、名刺をいただきお別れしバスを待ちました。帰り道とても公共交通機関では通ることのない車一台分しか通れない橋を渡って近道をしてくれたので貴重な体験も出来ました。



そんなこんなで安東にたどり着き、宿を確保して遅めの夕食ということに!初日の食事は安東名物


「安東チムタッ」



やっと晩から晩までらしくなってきました。慣れない観光などして歩きまわったせいかお腹はぺこぺこです。ホテルから歩くこと10分前後でいわゆる「チムタッ通り」と呼ばれる通りに出ます。
アーケード商店街のようですが、周りは見渡す限りチムタッ屋ばかり!!
日本ならば共倒れをまず心配してしまいそうな所ですが・・・
各店TVに出た画像や取材に来たアピールなどを書いています。今回は2店舗に絞りどちらかで食べようと言うことにしました。そこで選んだのが

「ユジンチムタッ」





b0199822_22421985.jpg






b0199822_22424642.jpg






b0199822_22431876.jpg




多少遅い時間にもかかわらず店内は満席!「お二階へどうぞ!」と言われて二階へ!!


?????


二段ベットに上がる様な階段を上がって二階へ行くとそこは・・・

ロフトというか屋根裏部屋というか秘密の隠れ家というか、とにかく立つことは出来ず、2テーブルが置いてありテーブルまではハイハイの状態で行くといった状態の天井の高さです。席について座ると頭と天井の間はこぶし一個も入りません。閉所恐怖症の方はご遠慮下さい。笑


もちろんチムタッを頼みました。




b0199822_224906.jpg



醤油系の良い臭いが!!色も真っ赤ではなくこれなら辛くなくおいしく食べれそうだ!一口、二口、ん?!


辛い!!



見た目とは違ってかなり辛い料理です。でもおいしい!!くせになるおいしさで何べんも口に運んでしまいます。野菜もたくさん入っていてタンミョン(韓国春雨)が麺の様にたくさん入っています。




b0199822_22541357.jpg






b0199822_22543698.jpg




ここでふと、先ほど運ばれてきたパンチャンは大根のトンチミだけで、なんでキムチくらい無いんだ?!と思っていたのですが、この辛さならキムチなんて要りません。むしろトンチミがいい!!なるほど!!




b0199822_22565432.jpg



辛いのでなかなかペースは上がりませんが、柔らかく煮込まれた鶏肉、シャキシャキの野菜、しっとりと食べれるタンミョンとかなりおいしい料理です。




b0199822_225921.jpg






b0199822_22592668.jpg




鶏肉の柔らかさ、ジャガイモのホクホク加減、キャベツのシャキシャキ感などは絶品の組み合わせです。




b0199822_23134986.jpg






b0199822_2312541.jpg






b0199822_2314980.jpg




おいしいことこの上ないのですが、とにかく辛い!!韓国のブログで韓国人の人たちがパプ(ご飯)を注文して残ったチムタッも汁にパプを浸して食べていたので、マネをしようとパプを注文したのですが、辛くて口直しに白飯状態でモリモリ食べてしまいました。笑


量もかなり多く、辛さも相まってかなり満腹になった我々でした。食べた後唇がヒリヒリする感じでいつまでもサザエさんの「アナゴさん」のような唇になっていると感じてしまうくらいでした。笑




今回のお店

安東ユジンチムタッ
慶尚北道 安東市 南門洞 181-7
054-854-6019





こちらの記事はkoreatasteさんでも載せていただいています。詳しくはこちらを

http://www.koreataste.org/lang/ja/







さあ、ここもがんばってまた上位を目指します。みなさんよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村



もちろんここも、上位とは言わずTOP10入を目指します。
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-12-15 23:15 | 韓国食 | Trackback | Comments(0)

2011 韓国     珍道中   Seazon12

 一山超えてまた登ったところに回龍浦が見える展望台への入口がありました。しかし展望台へはさらに上がっていかなければならず、すでに10キロ近く歩いてきた我々はぐったり状態・・・

しかし、ここまで来て、これだけ歩いて回龍補を見ないで帰るのもつまらないと言うことでがんばって上がって行くことにしました。


しかし・・・


この細い登りがまた


急なこと急なこと!!

ほとんど町歩きしかしないつもりの我々はサンダルにスーツケース持参でまさかトレッキングするとは夢にも思ってませんでした。

上り坂の途中から先ほどアジュンマに車で降ろしてもらった、回龍浦記念会館のような所が
遙か遠くに見えました。オレンジ色のアーチの様なのがかかっているのがその会館です。




b0199822_21174990.jpg



もうこんなに歩いてきたの?!




b0199822_21182821.jpg



すっかりトレッキング状態の我々は、大汗かきながらおよそ場所的に似合わない格好と荷物を抱え細い急坂をせっせと歩いて登ります。その間にも韓国人の観光客の車が上にある駐車場を目指して何台も通り過ぎていきます。車があるってなんてすばらしいことなんでしょう!?
日本にいるときには当たり前の様に車を使っていますが、韓国に来て車のすばらしさが身に染みてわかった気がします。

さてまたKmで表せるくらいの距離を歩いて登ってくると、観光客用の駐車場がありました。そこでは何台かの韓国の車が停まっていて、いかにも気の良さそうなおじさんがアイスを売りながら知人のおじさんと楽しそうに話をしてました。アイス屋のおじさんのところでアイスを買って食べました。
このアイスのおいしいことおいしいこと!!どこの韓国料理屋の韓国料理よりもこの時のアイス一本が最高においしかった。

やさしいアイス屋のおじさんが「ここに荷物をおいておきなよ。見ててあげるから。」
と我々の荷物を置かしてくれました。身軽になってアイスも食べて少しだけ元気になった我々はあと数十m登ればある展望台へ向かうことにしました。すると木々の間から回龍浦らしき光景が・・・





b0199822_21321953.jpg



これが回龍浦か・・・   気持ちが盛り上がり一気に登り展望台へ出ると・・・





b0199822_21335031.jpg




ここからは展望台よりの回龍浦のすばらしい景色をご覧ください。






b0199822_21352769.jpg





b0199822_21355152.jpg





b0199822_21361752.jpg





b0199822_21364254.jpg





b0199822_213777.jpg





b0199822_21373225.jpg





b0199822_21375620.jpg





安東のハフェマウル同様に川の真ん中に出来た村で、こちらの方が小規模でしかも「涙のしずく」ではないのでしょうが水滴の様な形をしています。また夏なので水田の緑が鮮やかです。これを見るために何キロも歩いて決死の思いで登ってきたのです。すばらしい景色に心奪われた我々でした。









と、ここでしめれれば良いブログなんですが、ところが、我々の心によぎったものが・・・




帰りはどうするんだ?!




また同じ距離歩いて帰るの?!         To be continued





次回予告
さて我々は無事に帰れるのでしょうか?!食べ歩き本題からしばらく離れていましたが、今回の食べ歩き第2弾 「安東のチムタッ」を次回は紹介します。つまり生きて安東にはたどり着いたんですね!笑





報告
私pososiroyoのブログが韓国料理公式サイト「koreataste」さんのブログのブロギングコンテスト2011秋の部門で、3位入賞をいただきました。ご覧のみなさんありがとうございました。
また、もし興味のある方は「koreataste」さん→ブログ→2011秋のイベント ブロギング コンテストをご覧ください。
http://www.koreataste.org/lang/ja/





こちらもがんばらないと
  ↓

にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村



がんばってもう少し上位に行きたい
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-12-13 21:53 | 韓国 | Trackback | Comments(0)

2011     韓国    珍道中  Seazon11

 三江酒幕を出て、一番近いバス停で待つこと1時間数十分!!

未だにバスはおろかタクシーすら一台も通らない!暑さとむなしさでやりきれないでいると一台の白い乗用車がそばで止まった・・・

運転席のおばさんが話しかけてくれました。

おばさん:「バスを待っているのかい?」「どこへ行くの?」

我々:「回龍浦(ヘリョンポ)に行きたいんです。」

おばさん:「醴泉の回龍浦ね」

おばさん:「そばまで行ってあげるから乗って行きなさい。ここじゃいくら待ってもバスなんか来な      いわよ。」

我々:「本当ですか?! ありがとうございます。」

渡りに船とはこのことで我々は喜んで乗せてもらうことに・・・
冷房の良く効いた車内に乗せてもらうと助手席にもう1人のおばさんもいました。「こんにちは」と明るく挨拶してやけにテンションの高いおばさん達。

ん?!

よく見ると・・・

三江酒幕でマッコリガンガン飲んでた2人じゃないですか!!!
しかも運転しているおばさんもたっぷり飲んでいた様な?!
いわゆる飲酒運転です!!

しかし背に腹は代えられない、我々は送ってもらうことにしました。^^;

三江酒幕から回龍浦までは3,40分くらいある様で、車内では色々世間話をしていました。我々は日本人であること、観光で三江酒幕を訪れたことなど、おばさんは保険屋さんで保険の契約で三江酒幕に来ていたこと、回龍浦は大体ならわかるが詳しくはわからないと言うことなどを話しました。




b0199822_22463150.jpg


しばらく車を走らせて、回龍浦のそばらしい回龍浦の記念館のそばで下ろしてもらいました。飲酒運転の割には安全運転で、事故もなく無事につきました。丁寧にお礼を言って名刺をいただき日本に帰ってからお礼することを考えながらお別れしました。

さて、目の前に川が流れているものの回龍浦らしき物は見つかりません。川に沿って歩いて行くと回龍浦の看板が・・・
ここから3キロと出ています。
3キロくらいなら歩けるだろうとがんばって歩くことにしました。川沿いの田園風景の中にぽつりぽつりと回龍浦の看板が・・・




b0199822_22562826.jpg



3キロ歩けば河の真ん中に浮かぶ回龍浦が見えると思いがんばりました。あと1.5キロの看板が!
がんばろう!汗だくで脚も結構疲れているけれどがんばって回龍浦見ようとがんばりました。




b0199822_22585129.jpg



歩く  歩く   歩く


そろそろ3キロになるところで目の前にかなり大きな橋が!どうやらこの橋を渡ると回龍浦があるようです。




b0199822_230282.jpg



橋を渡って回龍浦の入口かもしくは回龍補が見渡せるお寺が高台にあるのでそこの入口を探したところ、どうやら回龍浦に入るには1本の橋しかなくそこに行くまでにはまだ相当距離がある様でかなり歩くとのこと。高台のお寺と展望台まではあと2.6キロの距離があると書いてあります。仕方ないので高台展望台を目指して歩くことに・・・
こんなことならば回龍浦まで送ってもらわず、そばの駅で降ろしてもらいタクシーでも拾って頂上まで行けば良かったと後悔し始めている我々でした。

2.6キロの最後の大詰めの道のりを荷物を持っててくてく歩き出した我々ですが、歩き出してすぐに後悔しました!!!
登り  登り     登り

アップダウンが激しくしかも登りがかなり、ほとんど山道をソウルの街中歩く様な格好と、がらがらを下げて上っている我々は端から見るととても滑稽な感じでしょう。
はたして回龍浦は見ることが出来るのでしょうか?!不安になってきた我々でした!!







ここでランクに入るのはすごいこと。是非見ていって下さい。
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村




ここではもうどこにいるかわかりません。覗いていってください。
  ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-11-26 23:12 | 韓国 | Trackback | Comments(1)

2011   韓国   珍道中   Seazon10

 三江酒幕に拍子抜けを食らった我々は、暑い中飲むものも飲まずに次の目的地回龍浦へ!
川の中に浮かんだ街「回龍浦」、安東の河回村と似た様な所ではあるがこちらの方が明らかに河に囲まれた街である。
三江酒幕からバスで醴泉(イエチョン)まで行きそこからタクシーで回龍浦へ向かう予定になってました。

三江酒幕の上を通る大通り?の所まで歩いて行き、バス停を探していると、道行く近所の人があそこにあるぞ!と教えてくれたのでバス停でバスを待つことにしました。




b0199822_22193564.jpg



ベンチと屋根まで付いているので、暑くて大汗をかいている我々は荷物を下ろしてバスを待ちます。もちろん時刻表なんてありません!!!




待つこと




待つこと




待つこと




待つこと




待つこと



待つこと



車はポチポチ通るのですが、一向にバスが来ない!!



バスを半ばあきらめてタクシーでも良いと思いタクシーを待つも・・・




タクシーも来ない!!!



かれこれバス停に来てから1時間が過ぎようとしていました。あまりの暑さで耐えがたく、近隣にはコンビニ一つない田舎景色!





b0199822_22254055.jpg




そんな時、うろうろしていると道路脇の農家に「담배 (たばこ)」の文字が。もしかすると飲み物くらいは売っているのでは?!スポーツしているのではなくバスを待っていて熱中症なんてたまらないと思い行ってみて、誰もいない農家の庭先で声をかけてみると・・・

「저기요~?」(すいませ~ん?)

と言うと隣の唐辛子畑から「네~!」(は~い)

農家の女将さんが顔を出してくれました。「何か売ってないですか?!」

あそこにアイスならあるよ!と指さしました。道路っ端にパラソルで囲われたアイスのボックスが!女将さんは鎖で閉じられたアイスボックスを開けてくれてどれでも選びな!と笑顔で言いました。

アイスに付いた霜の感じからとても最近仕入れたものではない!と言うことは容易に察しが付きましたが、この暑さと1時間以上の炎天下の待ちでそんなことは言ってられず、韓国R社のねじった棒アイスを買いました。女将さんはとてもうやさしく、わざわざ中の方から拾って出してくれました。地層で言えばかなり前の化石という所でしょうか?!
バス停について袋を開けてみるとカビが生えた様な霜が・・・
でもおいしくいただきました!この暑さの中貴重な水分と冷却物です。



でもまだ、バスもタクシーも来る気配はありません。このままで回龍浦どころか夜に安東の宿に着くのでしょうか・・・?!






ここでTOP5に入れたら名誉なことです
    ↓
 にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



こちらに関してはTOP10でもすばらしいことです。
    ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-11-02 22:48 | 韓国 | Trackback | Comments(6)

2011     韓国     珍道中  Seazon9

 足が棒になりながら「三江酒幕」にたどり着いた我々一行は、川岸に見える三江酒幕に降りていきました。橋のたもとから道伝いに降りていくと、そこには韓国最古の居酒屋三江酒幕が・・・




b0199822_21335065.jpg



「あれ?!」 想像していたのとは少し違う気が・・・
川岸の少し広がったところに藁葺き屋根の酒幕が数軒点在しています。もっと民族村みたくなっているのでは?!と思っていた我々は少し拍子抜け・・・
しかもイベント用のステージが建っていたり、敷地内には車も停まっていたりと普通の状況。
確かに酒幕(居酒屋)は何軒か営業しているようです。





b0199822_21391599.jpg




入口から一番手前の所にあるお店が三江酒幕のようで、現在は使われておらずかつてのままになってはいるものの、そこは日本同様中には落書きがびっしり!!ハングル語ですが名前やたいしたことのないこと「愛してる~」とか「何月何日~参上」みたいなことのたぐいであることは察しが付きました。




b0199822_21414930.jpg





b0199822_21421781.jpg




周りを見てみると確かに「三江酒幕」の看板も!




b0199822_21432322.jpg



詳しい説明も書いてあります。




b0199822_21442926.jpg



室内を覗いてみると、かつて酒幕だった跡はうかがえます。




b0199822_21453669.jpg



b0199822_2145592.jpg




周りの建物はどうやら中身を現在の居酒屋にして、外観を酒幕同様にして建てられたものであるようで、何人かが外のテントなどの下でマッコリを飲んでました。見ているとつまみはトゥブ(豆腐)、チヂミ、トトリムク(トングリ)などでした。あまりの暑さと、思っていたよりも殺風景だったのでここで飲んでいく予定だったのですがやめました。飲んでいるのはいかにも昼間から飲んでそうなアジョシーたちと家族連れ1組、スーツの様なしっかりした格好をしているアジュンマとその仲間のアジュンマ、この2人は結構飲んでいてご機嫌な感じ!しかしこの2人が今回の珍道中の鍵を握っているとは思いもよらなかった我々でした!!





全然更新しなかったから順位大陥落
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 大韓民国食べ歩きへ
にほんブログ村



こちらはもう上がってこれるかわからないくらい下位に!
   ↓
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村
by poso_siroyo | 2011-10-27 21:57 | 韓国 | Trackback | Comments(0)