第一回プラチナブロガーコンテスト


 過去に言ったお店ではありますが紹介させていただきます。
当時大人気だったドラマ「製パン王 キムタック」のロケ地である清州にある赤いプルコギで有名な

「백로식당」

に行ってきました。

b0199822_20593096.jpg



この画像は2011年当時のもので、現在は店構えが少し変わっているとの事です。



当時はドラマ人気のせいか、この地を訪れる日本人もかなりいたそうです。ソウルからさほど遠くなく行けるのも相まって観光客が来たそうです。


キムタックの記念館や撮影で使われたパン屋さんが実在しました。


b0199822_2145346.jpg



さて、赤いプルコギですが、見た目よりは辛くなく、まろやかで最後に作ってもらえるポックンパッ(炒めご飯)が美味しいと評判です。



b0199822_2171099.jpg




b0199822_2182141.jpg




b0199822_219115.jpg




ものすごく辛そうに見えますが、見た目ほどは辛くありません!!中には豊富な野菜と通称トングランテンと呼ばれる丸い豚肉が入っています。



これを食べ終わった後の汁と残りの具で店員さんがポックンパッを作ってくれます。これがまた一つのショーというかエンターテイメントです。動画で取らなかったのが残念なくらいです。



b0199822_21135180.jpg




この器をカンカンと店員さんがスプーンで叩いておしまいです。
これを開けてみると


b0199822_2115358.jpg




肉の出汁が良く出てご飯に程よくおいしい味がついていてたくさん食べてしまいます。こんな赤いプルコギをキムタックが食べたのかな?!と思いながら食べてみました。
by poso_siroyo | 2017-01-10 21:18 | 食べ歩き | Comments(0)
 ハモにお腹を満たされた我々一行は、すっかり暗くなった外を腹ごなしに歩きなが、らうろうろ見てまわる事にしました。
港町統営ですからもちろん海が多く、入り江や岬になっている地形もあるようです。
旧日本軍が掘ったと言われている海の下を通っているトンネル「海底トンネル」有名なんです。向こう岸のところに渡るのにトンネルを使って渡ったようです。そこに向かってみる事にしました。




b0199822_20222787.jpg




中がライトアップされていて戦争の臭いなどは全くしない地元住民の通行手段になっています。




b0199822_20235981.jpg






b0199822_20243071.jpg




中がライトアップされるとこんな感じになります。




b0199822_20252866.jpg




海底トンネルを向こう側に抜けて帰りは橋を取って帰ってくる事にしました。この橋からは有名な統営大橋の夜景が見えます。




b0199822_20273544.jpg






b0199822_202911100.jpg






b0199822_20294661.jpg




これが統営大橋の夜景です。



b0199822_20312654.jpg



橋を渡りきり、ホテルに帰るのですが歩くには少々距離があるので、市内バスに乗って帰る事にしました。夜の地方の市内バスですから地元の人ばかりでとてもアットホームです。




b0199822_20341794.jpg




順調にバスが走る中、「このまままっすぐ帰るのはもったいないなぁ!?」と考え、何か食べるものないかと考えている我々でした。





ここで上位はすごいブログばかりです。まだまだ道険し!


にほんブログ村





ここは韓国に詳しい方ばかりが集っています。がんばらねば!


にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村





ここで上位の人は海外での食べ歩きに精通した人ばかりです。早くその域までたどり着きたい。


海外食べ歩き ブログランキングへ




by poso_siroyo | 2017-01-10 20:46 | 観光 | Comments(0)
  「ハモ」 

  「하모」  

  
 日本では夏の京料理の定番と言われている「ハモ」ですが、インターネット上ではこのような事も言われています。


 
  http://getnews.jp/archives/239687





そんな韓国のハモが食べたくて、ここ統営まで来たのです。同じく海産物で有名な麗水(ヨス)や順天(スンチョン)ではあまりハモは食べられません。と、うんちくを並べているうちにハモが運ばれて来ました。





b0199822_2332777.jpg




似たような画像ではありますが、このきめ細やかさをとくとご覧あれ!



b0199822_23325684.jpg




もちろん「骨切り」もしてあります。
日本京料理では

ハモの体にある骨の数は、何と3500本!
よって、普通の魚の処理では、とても食べられません。
そこで必要なのが骨切りという処理。1寸(約3.3cm)の間に皮1枚を残して24~26回包丁を入れていきます。この処理により、骨ごと食べられるようにするのです。

とも言われています。ネットより引用。


また、量的にもこの量です。日本で食べたら何万円しちゃうんでしょうか?!って感じです。



b0199822_2336685.jpg




b0199822_23364585.jpg




白身の淡泊な魚のですが、新鮮なせいなのかピンク色がかっています。
このハモを醤油ではもちろんチョコチュジャン(酢味噌辛子)で食べます。日本だと京料理で有名なのは湯引きしたハモに梅肉を付けて食べます。





b0199822_23414314.jpg




他にもたくさんの野菜を刻んだ物が運ばれて来て、ざっと見てもネギ、大根、にんじん、セリ、三つ葉などの野菜がかなり大量に刻まれて運ばれて来ました。そこにチョコチュジャンとヤンニョム(甘唐辛子味噌)など色々混ぜてできているであろうタレが出てきて、店員さんが丁寧に混ぜてくれます。前回は自分でやったんですが今回は空いていたのでやってくれました。(笑)

これだけでも野菜のビビンパッと言った感じですが、




b0199822_23462763.jpg




どうやら、これにハモを入れて混ぜて食べると言う事なんです。もちろんパッ(ごはん)をもらってかけてハモビビンパッにして食べても良いようです。





b0199822_2348020.jpg





ブログのネタの関係上なかなか同じお店にリピーターというわけにはいかず、新しいお店、新しいお店と探して書いていく事が多くなるのですが、このお店のハモだけは毎夏リピーターしても良いな!!と思っている我々なのでした。







ランキング以上に皆さんのご支持を感じています。

にほんブログ村



みなさんがいて初めて成り立っているブログです。ありがとうございます。

にほんブログ村



たくさんのブログの中で少しでも興味を持っていただけたら光栄です。

海外食べ歩き ブログランキングへ




by poso_siroyo | 2017-01-09 23:58 | 食べ歩き | Comments(0)
 ハモを食す!

 「ヨンソンフェッチッ」の階段を上がり、2階のフロアに案内されます。以前に来た時には2階フロアが満席で盛り上がっていたのですが、今回は時間が早かったのかタイミングなのか我々ともう一組だけです。静かに食べれます。





b0199822_22251219.jpg






b0199822_22232794.jpg





b0199822_22235415.jpg





b0199822_22243884.jpg




席について注文します。


  「ハモ」


「をお願いします。」


メニューにはハングル語でハモフェ と書いてあります。本来は「ケッチャンオ」と言いますが、最近ではハモでも通るようです。


中で大体3~4人前くらいだそうですが、今回は3人でしたが中を注文しました。中で100000w、日本円で約9500円くらいです。4人ですから1人頭2500円くらいですね。でもハモのみでは無いですからお安く感じます。


このお店の特徴である数え切れないくらいのパンチャン(おかず)が出てきます。




b0199822_23543088.jpg



これ全部付属のおかずです。ざっと数えて14皿。しかもこれだけでは無いんです。




b0199822_23582017.jpg

これはコノシロの刺身。骨付きでチョコチュジャン(酢味噌カラシ)和えになってます。



b0199822_23584597.jpg

これは海産物の盛り合わせ。前回はケブル(ユムシ)が乗って動いてました。(笑)



b0199822_23592175.jpg

これはチヂミ(ジョン)。ニラチヂミのようです。



b0199822_23594556.jpg

これはチョパプ(寿司)です。白身魚から緑の濃いわさびが透けてます。(笑)



b0199822_001551.jpg

枝豆とゆでた昆布。



b0199822_003790.jpg

やけに黄色いポテトサラダとパスタサラダ。



b0199822_011267.jpg

青物系の魚の佃煮のような煮物。



b0199822_014182.jpg

野菜サラダ。



b0199822_022683.jpg

なぜかトマトとピーナッツ。



b0199822_043667.jpg

カボチャの煮物。日本の味に近い。



b0199822_052749.jpg

貝の煮物。



b0199822_064851.jpg

これがコノシロです。骨ごとぶつ切りにしてあります。



b0199822_073798.jpg

骨が気になる人は身だけ食べて骨は出せば良いと思いますが、気にならない人は骨ごとガシガシいっちゃって良いと思います。



前回のブログで、「おい、posoよ!画像が少ないじゃないか?!手抜きか?!」とお嘆きのご貴兄に今回はパンチャン(おかず)だけですががっつり画像を載せさせていただきました。


まだメインのハモはお目見えしてないのを楽しみに待っている我々なのでした。





ありがとうございます。皆さんのご協力に感謝!!

にほんブログ村



皆さんの支持の元に成り立っているブログであると思っております。

にほんブログ村


みなさんが支持していただいている分、手は抜けない!と思っている筆者です!!

海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2017-01-08 00:26 | 食べ歩き | Comments(0)
 夕陽をあきらめて下山して何かを食べる事にした我々一行は、再び統営の市場に向かい市場で魚を購入してそれをそのまま裁いて食べさせてくれるお店に行こうと考えました。李舜臣将軍で有名な亀甲船の前を通過して統営活魚市場(통영활어시장 )に行きます。




b0199822_053414.jpg





b0199822_06037.jpg





ここの市場は活魚がメインで、統営の名物でもあるホヤ(멍게){モンゲと読みます}はもちろん色々な魚が売られていて、基本的には提携のお店で席料を払えばその場で裁いて食べさせてくれるというシステムです。

座り込んでいるおばちゃん(アジュンマ)たちがせっせと声をかけてきます。値段の設定は様々で、かごに何種類かの魚が入って2~5万W(日本円で2千円~5千円)あたりが相場のようです。中には珍しい魚や、とても大きな魚は10万w(1万円程度)になるものもあるようです。





b0199822_021656.jpg




メインとなる魚は 
      도미 ,  광어 ,  우럭 ,  농어  あたりです。 
読み方は トミ , クァンオ , ウロク , ノンオ と読みます。 
日本語では タイ , ヒラメ , 黒ソイ , スズキ と言う事になります。
これにいくらか別な魚がおまけに付けられて売られているようです。


今日我々が食べようと思っているのはこのどれでも無く、夏の旬の魚、

    「 갣짱어 」



日本語で


   「ハモ」



なんです。ハモは韓国でもハモと呼ばれる事もある魚で、しゅんは夏場で、小骨が多く骨を取る事ができないので骨ごと切る「骨切り」で有名な魚です。日本では京料理のハモの洗いは有名で有名料亭で食べるととんでもない値段で2切れ、3切れを食べる事になります。そんな魚をここ統営で食してしまおうと言うのも今回の目的の一つです。


ハモも市場でおばちゃんたちが売っているのですが、我々は市場に併設している刺身専門店

 「횓찝」

 「フェッチプ」

で食べる事にしました。


  「영성횟집」

  「ヨンソンフェッチッ」 

と言うお店にしました。ハモ料理が食べれて統営では有名な刺身店です。しかも以前に一度利用した事があって非常に感じの良かったお店です。


さあ、ここでどんなハモと出会えるか楽しみでならない心を抑えながらお店の階段を二階へ上がっていく我々でした。



統営の詳しい情報は以下のリンクより


統営市公式ホームページ(日本語版)

 http://jpn.tongyeong.go.kr/main/default.asp








さあ頑張ってきました。
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
にほんブログ村


ここでも健闘してきました。
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村


こちらで情報を得てくれる方もたくさんいます。

海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2017-01-06 01:07 | 食べ歩き | Comments(0)
第一回プラチナブロガーコンテスト


韓国の美味しい食を求めて食べ歩いています。
ソウルから始まり今ではソウルだけでは飽き足らず韓国全土の地方にまで手を出しています。
日本初紹介のお店はもちろん、雑誌等で有名なお店もあるでしょう。とにかく美味しいと思えるお店を探して食べて歩きます。

つたない文章と、写真心の無い画像で綴られたブログですが、少しでも興味を持っていただけたら是非ご覧下さい。




b0199822_234014.jpg

by poso_siroyo | 2017-01-05 02:04 | 食べ歩き | Comments(0)
 弥勒山「미륵산」の頂上を目指して歩いて昇っていくと非常にキレイな景色が見られ、統営の町がいかに海に囲まれた町であるかがよく分かります。




b0199822_18514.jpg





b0199822_182912.jpg



韓国の人たちは皆健脚で、急坂でもスイスイ昇って行ってしまいます。オネーさん(アガシ)たちに至ってはサンダルやミュールでスイスイ昇っていきます。

 「あっぱれ!」





b0199822_113327.jpg





b0199822_113587.jpg





b0199822_1142529.jpg




景色も似ているようですが、町の造りが少しずつ違っているのがわかります。




b0199822_1171684.jpg




ようやく頂上の展望広場について、肝心の夕陽を見ようと思っていたのですが、まだ日の位置は高く、しかもモヤがかかっていて薄曇り状態ではっきり日差しが見えません。





b0199822_1195938.jpg





b0199822_1204355.jpg




この画像の時点で18時45分くらいです。もうしばらくここで待機して夕陽を待つか、下山して晩ご飯を食べに行くか迷うところです。
モヤがかかっていることや、まだまだ待たなければならないのもあり、結論は


  「降りて食べに行こう!!」 


この結論が出るのは当たり前です。このブログのタイトル通り、観光ブログでは無いですから!(笑)
頂上の石碑で記念撮影をし下山する事にした我々の脳裏によぎるのは・・・




b0199822_1304943.jpg





   「何食べよっか?! 魚かなやっぱ!?」 






みなさんが見てみたいと思うブログを書きたいです。

にほんブログ村



ここで探したら見れた!と思われるよう頑張ります。

にほんブログ村



ここでTOP10に入れたらすごい事ですね!!まだまだ下位です。

海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2017-01-05 01:39 | 観光 | Comments(0)
 イワシ料理を堪能してすっかり満腹状態の我々は統営の市場を通り抜けて、ケーブルカーに乗り弥勒山「미륵산」に昇る事にしました。ここは統営の町が見渡せるだけで無く、海に沈んでいく夕日がキレイだと言う事で有名です。 
 韓国は日本より経度が西にあるために夕暮れが遅く、夏場のこの時期は20時近くくらいまでは薄明るい感じです。ですから夕日を見に行くとなると日本なら5時、6時と言った感じですが、ここ韓国では19時を目安に考える感じになります。今日は薄曇りな感じでキレイな夕焼けはあまり望めそうにありません。でもとりあえず我々は昇ってみる事にしました。





b0199822_0174235.jpg





b0199822_018939.jpg






b0199822_019810.jpg





b0199822_0193288.jpg





b0199822_020878.jpg





ケーブルカーからの景色はキレイなんですが、やはり少しもやがかかっていてイマイチすっきり見えないのが残念です。




b0199822_0305030.jpg





b0199822_0312363.jpg



山頂中腹駅に着きました。ここで終点ではあるのですがここが山頂では無いのです。ここから徒歩で上に上がります。腹ごなしの山歩きです。




b0199822_0324692.jpg





b0199822_0331382.jpg






b0199822_0334393.jpg





素晴らしい景色も良いのですが、「山降りた後何食べようかな?!」と考えている食いしん坊の我々でした。







頑張っていきましょう。

にほんブログ村




応援よろしくお願いします。

にほんブログ村




まだまだ下位にいます。がんばれがんばれ!

海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2017-01-04 00:39 | 地方 | Comments(0)
 イワシのムッチム(和え物)で満足しそうな私たちではあったが、私個人としては次に出て来る料理が一番期待していたのです。

「イワシチゲ」、韓国ではミョルチチゲで良いようです。チゲ鍋にイワシが入っています。単なるチゲでは無く、出汁はイワシの出汁が出ているし、イワシもムッチムとは違い半身ではなく頭と内臓を取った状態の一尾のまま入っています。





b0199822_22315591.jpg




b0199822_22322183.jpg



どのくらい美味しそうかというとこちらをご覧いただきたい


  https://www.youtube.com/watch?v=03rmSBm3qvs


アツアツですぐにでも食べたいと思えるチゲです。韓国には色々なチゲ鍋がありますが、ドジョウのチゲ「チュオタン」やアナゴのチゲ「チャンオタン」などと似てはいますが、あっさりした感じでイワシがゴロッと入っている感じです。


私は料理のブログを書くに当たって、味の評価はなるべくしないようにしようと思って書いています。特にうんちくのように辛さの中にまろやかさが・・・とか、口の中に何とかの味がひろがって・・・などとうんちくを述べるのが余り好きでは無いので、私はおいしいと感じたのでおいしい!と書き、後の味の評価や感想は、もし皆さんがチャンスがあったら食べてみて感じて下されば良いと思っています。と思って書いています。


で、このチゲですが



b0199822_22393121.jpg



この汁を前出のビビンパッにかけて食べても良いようです。むしろかけた方がおいしいようです。(笑)


そして中の具は




b0199822_22412310.jpg






b0199822_2242365.jpg




このイワシが汁を吸っててまたおいしい!!
このチゲとビビンパッでもう十分満足ですが、まだまだ初日のお昼です。これから始まる統営食食べ歩きにはやる気持ちが押さえられない我々なのでした。





今年も頑張ります。

にほんブログ村



応援して下さい。

にほんブログ村




こちらもよろしく。

海外食べ歩き ブログランキングへ

 
by poso_siroyo | 2017-01-02 22:47 | 食べ歩き | Comments(0)
 いよいよメインのイワシ料理が登場します!イワシのティギム(天ぷら)やジョン(チヂミ)に舌鼓を打っているとメインが運ばれて来ました。イワシの生と野菜を混ぜたもの 「ムッチム」(무침)と呼ばれている物が出てきました。
見る限りには辛そうな色なんですが、これがイワシが入っている事によってマイルドな感じになります。





b0199822_2239616.jpg





b0199822_22392936.jpg



よく混ぜてそのまま食べてももちろん、これ用の?ご飯が海苔がかかって出てきました。
これはつまり・・・そうです、これを上に乗せて
「イワシビビンパッ」 にして食べなさい。ということなんでしょう。これをビビンパッにしておいしくないわけがありません!!しかもご飯には刻んだ韓国海苔と白ごまがかかっておりこのままでも十分食べられそうな感じです。





b0199822_22455139.jpg



イワシの生はカタクチイワシの身であると考えられます。少し入っている程度では無く、かなりの量のイワシが入っています。これが野菜と良い感じで混ざり合い、コチュジャンの辛さとマッチしてくせにある辛さです。





b0199822_22495592.jpg



このご飯の上にムッチムをたっぷり取って乗せます。




b0199822_22505594.jpg




これを混ぜる混ぜる(ビビンビビン)

すると立派なイワシビビンパッができあがります。





b0199822_22531057.jpg




これはもう、なんと言えないおいしさです。とにかくイワシはたくさん入っているんです。一体このムッチムだけで何匹のカタクチイワシを使っているんだろうと?!考えてしまいます。(笑)





b0199822_22571625.jpg





これだけでもう満足!って訳にはいかないぞ!と言わんばかりにもう一品運ばれてきてただ驚くばかりの我々でした。









 新年あけましておめでとうございます。
本年も地道に更新して行こうと思っています。見捨てずに是非ともよろしくお願い致します。このブログを見て1人でも多くの人が韓国に行ってみよう!韓国料理を食べてみよう!と思っていただけたら幸いという気持ちで書き綴っています。
今年もよろしくお願い致します。




2017年 1月1日   元旦  poso_siroyo





今年もよろしくお願い致します。

にほんブログ村



昨年同様のごひいきをお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村




こちらもみなさんの強力によりなり立っています。よろしくお願い致します。

海外食べ歩き ブログランキングへ
by poso_siroyo | 2017-01-01 23:01 | 食べ歩き | Comments(0)

韓国食べ歩きブログ2 夜中から朝から昼から夜まで食べてばかりの食べ歩き!! さて今日は何を食べるかな?!


by poso_siroyo